押さえて置きたいバストの基礎知識

バストアップを目指す為にはホルモンバランスが重要で
成長の妨げとなるケースがあります。
バストアップの為には心も体も健康である必要があるのです。
過剰な食事制限はバストサイズをダウンさせる結果になってしまいます。
ダイエットにより食事制限を行うことで、
バストに十分な栄養が行き届かなくなってしまいます。
さらにバストアップする為にはタンパク質をどんどん摂取するように心がけましょう。

 

 

バストと乳腺について

 

バストサイズは乳腺の発達により決定します。
またバストというのは9割が脂肪で残りの1割が乳腺で構成されています。
脂肪腺を守る為に乳腺が増加し、
乳腺を保護する為に乳房に脂肪がつくといったメカニズムです。
乳腺の発達の為には生活習慣を見直し女性ホルモンの分泌量を増加することが重要です。

 

 

 

睡眠中のバストケア方法

 

寝不足は心身共にいろいろな問題が起こります。
自律神経が乱れることで女性ホルモンのバランスも崩れてしまい、
結果として乳腺の発達が阻害されてバストアップに甚大な影響を与えると言うことが出来ます。
さらに寝不足が原因となり血行、代謝機能が低下し、
バストアップの為に重要な栄養がきちんと届かなくなります。
そして乳腺への刺激が弱まることでバストが育ちにくくなるのです。

 

十分な睡眠

 

睡眠中に女性ホルモンは分泌されるので22時から2時は就寝するようにしましょう。特に睡眠後3時間程が最も成長ホルモンの分泌が活発と言えます。
女性ホルモンというのは思春期に最も分泌量が増えて、
加齢と共に年々減少します。
成人女性は仕事や育児、さらには家事といった時間が増えて女性としてのライフイベントが沢山あって睡眠時間がしっかりと確保出来なくなります。ですがバストの為にも美容の為にも22時には就寝するように生活習慣を改善するようにして下さい。

 

睡眠環境を整える

 

血糖値を低下させることが成長ホルモン分泌の為に重要と言えます。
成長ホルモンが効率よく分泌する為の条件が血糖値が低い状態なのです。
成長ホルモンの分泌様が多い時間帯に睡眠をしても
血糖値が低いと成長ホルモンはきちんと分泌されません。
だから睡眠前に食事をする人は生活習慣を見直し改善しなくてはいけません。

 

 

ダイエットと出産後のバストケア

 

20代の時に過剰なダイエットを繰り返すと、
栄養が不足しバストまでしっかりと栄養が届かなくなり血行不良となります。
体重が減ってもバストサイズまでダウンすることになってしまうのです。
食事制限と共に体を動かすことでバストの土台となる大胸筋を鍛えてバストサイズがダウンしないようにすることがダイエットの秘訣です。

 

 

授乳と出産とバストの関係性

 

母乳で子供を育てない場合でも妊娠と出産によって、
バストが垂れてしまうケースがあります。
その原因は妊娠により一気にバストサイズがアップして、
バストを支える働きがあるクーパー靭帯が伸びる、もしくは切れてしまうからです。
一度伸びたり切れると元に戻すのは不可能です。
そしてクーパー靭帯は伸びたらバストが垂れるという訳です。

 

マタニティブラ、産後ブラといったその時々に合ったブラを使用することが重要です。
さらに妊娠中は筋力が衰えてしまうから
意識して大胸筋を鍛えることが大切です。

 

 

ブラジャーによってバストアップする方法

 

自分に適したブラを着用しないと
バストは形が崩れて小さくなる恐れがあります。
バストを支えるクーパー靭帯というのはストレスの影響を受けやすいからブラのつけ方を間違えたらバストが垂れてしまいます。